45歳人妻熟女不倫体験 秋葉原のカラオケで大人のオモチャでイタズラされて 私は痙攣するように激しく逝ってしまいました

こんにちは。45歳の玲子(仮名)@45reicoです。

 

私の不倫体験を今日も記録していこうと思います。

今回の不倫体験は年上の男性に大人のオモチャでイタズラされた経験です。

自分でもびっくりするくらいローターで逝ってしまいました。

 

 

 

いつものように、朝家族が出掛けた後にゆっくりコーヒーを飲みながらのメールをチェックしていました。

 

『出会い系』に登録してからというもの、ドキドキするような出会いに忘れかけていた女の悦びを密かに感じ、性欲が強まってきていると実感していました。

 

いつもメインで利用している出会い系はJメールです。

Jメール

 

主人とはもう何年もレス状態だったので、身体も忘れていたのでしょう。最近は明らかに目覚めてしまい、朝のチェックが楽しみで仕方がないのです。

 

そして、家族が帰ってくるまでの日中が密かな密会時間になりつつありました。

 

でも、こんなイケナイことをしているからなのか、多少の罪悪感から以前よりも家族に優しく接することができている穏やかな気分で居られるのは、やはり、性的満足を得ているからなのでしょうか?

 

いつものように、仲良くしている方々への返信をして居ました。

 

大体は来たメールをチェックですが、この日はあまりメールが着ていなかったこともあり、珍しく私の方から男性たちを検索して見ていました。

 

年齢を絞って閲覧です。

 

あまり自分から新規でメールは出さないのですが・・・・・・。

 

あまり『これ!』という書き込みはないですね。

 

ダラダラとチェックをしている中で、一人の男性の書き込みがちょっと気になって珍しく自分からメールをしてみることに・・・・・・。

 

でも、ダメ元ですね。何せ、45歳のアラフィフに入ろうとしているのですから。

 

若い子が好きな方だったらNGです。

 

 

書き込みには、

『〇〇区在住の既婚者です。妻とはレスでもう何年も自分でしていて寂しいです。自分はプチSでおもちゃを使ったりするのが好き。プチMさんと仲良くなりたいです』

 

この出会い系を使うようになって、自分が少しMっ気があることに気がつきました。

 

主人との時は全く気が付かなかったことです。

 

焦らしや甘噛みに強く感じるし恥ずかしいことにドキドキ興奮。いやらしい言葉を言われるとゾクゾク。

 

以前お会いしたランジェリー好きのおじさまとのセックスでもMっぽいかも?!と思ったくらいです。

 

その時の不倫体験はこちら

そして、おもちゃにちょっと興味がわきました。

 

おもちゃを使ったことは無いことは無いのですが、もうかなり昔の話です。

 

若い頃の事で、主人の前に少しだけお付き合いした男性がピンクローターを買ってきたのです。でも、あまり使うことなく、しかもすぐに別れてしまったので、経験は無いに等しいのです。

 

『初めまして。45歳の既婚者です。結婚して20年主人とはレスになって何年も経ちます。最近出会い系へ登録してみました。「おもちゃ」ってどんなものをお使いになるんですか?使ったことがないので、ちょっと興味ありです。良かったらメールください』

なんて感じのメールを送信。

すると、すぐに返事を頂きました。

 

 

『こちらは、50代で年上になりますが大丈夫ですか?45歳・・・美味しい年齢ですね。レスだなんて勿体ないですね。

おもちゃに興味ありとのこと。何か試してみたい物ってありますか?

こちらは、バイブ、ローター、ディルド・・・昔は遠隔操作の物なんて使ったりもありました。

プチSなので・・・(笑)

おもちゃ好きですね』

 

エッチ系の話は盛り上がります。

 

さすがに、そっち目的の方がほとんどといっても過言じゃないので、ノリがよく話をするととても盛り上がります。

 

暫くは、お互いの過去の経験の話やSEXの話に盛り上がり数日やり取りをしました。

 

前回お逢いした「年下くん」から1週間が空いていたので、ちょっと身体もうずうず気味でした。

 

あんなに長期間レスで、何にも思わなかったのに、身体が目覚めてしまい物凄く欲しいと思える身体に性長した感じです。

 

 

『ローターだけは大昔に使用したことがあるんですけど、それも何回かで・・・。最近は全くそういう機会もないですし(笑)色んなのありますよね?!』

 

暫く、おもちゃ談義に盛り上がってメールのやり取りが続きました。こんな話友達同士じゃできないですから・・・・・・。

 

思ったことを素直に言えるのは、不特定多数、全く素性が分からない相手だから。このようなサイトの魅力的な点なんだと感じます。

 

ハマってしまうと止められません。

 

 

『秋葉に大きなそのような専門のお店があるのご存知ですか?』

 

『え?!秋葉って・・・秋葉原ですか??』

 

『そうなんですよ。凄いですよ。店内は広くはないけど、そのビル下から上まで大人のおもちゃが売られてるんです!!』

 

秋葉原は私だって時々行ったりするけど、そんなビルがあるなんてちっとも知らなくて、とっても驚きました。

 

店名も聞いて、検索するとネットで出てきて、凄い!と思いました。

 

ネット検索で出てきた感じだと、とっても明るい感じでポップなデザインです。

 

店内の様子が載っていましたが、確かに所せましと陳列されている物・・・!!

 

思わずガン見してしまうくらいです。

 

『でも、恥ずかしいですよね~行かれたことあるんですか??』

 

『ありますよ。彼女が居た時は一緒に行って買い物もしたりなんてこともありましたから。良かったら一緒に行ってみますか?』

 

ということで、話で興味を持った『大人のおもちゃ』の売られているデパートへ行くことになったのです。

 

とんとん拍子に話が決まり、明日の日中に逢うコトになりました。

 

待ち合わせ場所は、教えてもらったその大人のおもちゃのデパート前!

 

ちょっと恥ずかしいので、ちょっと離れた所で立って待っていました。

 

着ていく洋服や手にペットボトルを持っている事を伝えていたので、すぐに逢うことはできました。

 

『こんにちは。初めまして』

 

二人で店内へ入りました。

 

店内は物凄く明るい雰囲気があり、想像以上にこじんまりとしたビルでした。

 

階ごとに置いてある物が分かるように置いてあり、その数はとても凄い種類です。

 

 

そして、驚いたことは来ているお客さんの多いこと!

 

海外のお客さんが多かったです。

 

女性客も多く、狭い店内はぎゅうぎゅう詰めという感じでした。

 

女性客は一人で来ている方も数名いて、年齢も若い方から私たちくらいの年齢の人まで様々。

 

ちょっとしたカルチャーショックのようなものを感じ、始終驚きが隠せませんでした。

 

『使ってみたいものある?』

 

そう言われてもよく分からず、おもちゃといえば定番のバイブやローターを見ました。

 

物凄い数です。

 

比較的女性にも手を取りやすいように、色味がパステルカラーの物があったり、素材や質感が色々な物があったり、見ていて面白いです。

 

見本としていくつも出ていて実際にスイッチを入れることが出来たり、触れることができるのです。

 

不思議と、使う用途は一つ。

 

セックスやオナニーで使う性的グッズを見ているのに、全くいやらしい雰囲気が余りないのです。

 

私が想像していたものとは全く違っていました。

 

他の階ではコスプレの衣装やセクシーなランジェリー、SMグッツなども多数ありました。

 

印象的だったのは、一人の20代後半くらいの女性がSMグッツの女王様が使用する鞭やボンデージの衣装を探している様子でした。

 

見た感じは普通のよく居るような女性なのに、こういうものを選んでいるという何とも非現実的な感覚です。

 

私自身も、初めて知り合った男性に連れられてこの場所に来ていること、何とも変な気分になります。

 

結局私は、小さめのバイブにも似たローターを一つ買って貰いました。

 

あまり目立つような大きなものを買って、お家で見つかってもかなりまずいので・・・。

 

『一人エッチの時にでも使ってくださいね。何なら、私と使ってみますか?』
男性が言いました。

 

お会計を済ませ、ゆっくり店内を見た後階段で下まで降りてお店を出ました。

 

外に出るといつもの秋葉原。

 

『これからどうします??買ったの開けてみます???』

 

男性は50代半ばくらいの雰囲気の白髪がちらちらと見え隠れして、中肉中背の体格をしていました。

 

逢ってすぐに店内へ入って、相手のことよりも商品に目がいってしまいよく見ていなかったけど、改めて外へ出て男性のことを見ました。

 

ラフな恰好でストライプの襟付のシャツを着ていました。

 

メガネを掛けて、几帳面そうな雰囲気を感じました。

 

『そんなにゆっくり出来ないんですけど・・・どうしようかな』

 

『じゃぁ、近くのカラオケボックスなんかどうですか?』

 

男性の提案で、カラオケボックスへ。

 

買ったものを開くには丁度良いと思い、二人で歩いて2~3分の場所にあるカラオケボックスへ行きました。

 

平日の日中だけど、さすがに秋葉原のカラオケボックスは思ったよりもお客さんが来ていました。

 

『改めて初めまして!』

 

男性が言うと、運ばれてきたウーロン茶で乾杯をしました。

 

買ってきたおもちゃを開けて電池を入れて見ました。

 

ピンクの長いタイプのもので、一応おもちゃとしてのくくりはローターのようです。Gスポットに当たる形状で奥を刺激させる用みたいです。

 

振動にリズムが6パターンくらいありました。

 

『凄いですね!この形状、初めて見たかも!』

 

『お店どうでした?初めて行った感想は??』

 

『思ったより明るい店内で、あんなにお客さんが来ていて驚きました!でも、置いてあるものはいやらしいですね』

 

そんな話をしていたら、買ってきたローターのスイッチを入れると私の耳や首筋をなぞりながら刺激してきました。

 

『ひゃっ!ビックリした!』

 

洋服の上から乳首の辺りに押付けてきます。

 

『ダメですよ!!』

 

『ふふ・・・ちょっと感じてたりして』

 

いやらしい動きをさせて、乳首にばかり押付けて動かすので、乳首の先に振動が伝わり感じてきました。

 

夏場だから来ている洋服の生地が薄いので、ブラをしていても伝わるのです。

 

そっとシャツの下に入れてきて、ブラ横から直接乳首に当ててきました。

 

『あぁっ・・・』

 

ローターに感じていると、そっとキスをしてきました。

 

ぬめっとした舌が入ってきて、いやらしく舌が唇の中で動きました。

 

『んぁっ・・・』

 

その間、ずっとローターは乳首に当てて動かして、段々と膣奥から愛液が溢れ出してきているのをパンティが染みだしました。

 

カラオケボックスで今日逢ったばかりの男性とこんないやらしいことをされている。そう思うと、たまらない気分になってきました。

 

そっとスカートの中に手を差し入れてきてパンティのクロッチの部分を爪を立てなぞってきました。

 

『もうちょっと脚開いて』

 

クリトリスの辺りを爪でカリカリして、脇から指を入れてきました。

 

『あぁっ・・・ダメ・・・』

 

『ローター入れてみようか』

 

耳元で囁かれました。

 

カラオケボックスの部屋の曇りドアから人が時々通るのが見えます。

 

男性の身体で私を隠すように、見えないようにしてくれますが、とてもドキドキ心臓が高鳴りました。

 

『はぁっ・・・!』

 

ローターを膣奥へ挿入させてGスポットへピタリとつけてバイブを強めにさせました。

 

喘ぎ声が思わずこぼれて大きな声がでてしまうくらい、物凄い快感が押し寄せてきました。

 

グリグリと押し付けるように膣奥を刺激させていると、振動がクリトリスにも響きだんだん我慢が出来なくなってきました。

 

『あぁっ・・・あっ・・・』

 

内腿に力が入って、軽く痙攣する感じでイッてしまいました。

 

男性も私がイッてしまったのがわかったようで、静かにスイッチを切りゆっくりと膣奥から抜いて出しました。

 

とろーんと愛液がソファに垂れ、ローターにはベットリと白っぽい愛液が付着していました。

 

『良い反応してたね』

 

と男性はちょっと満足そうにして、丁寧におしぼりでローターを拭いてくれました。

 

 

その日はカラオケボックスでローターのお試しエッチでその方と次のお約束をして別れました。

 

もっといろんなおもちゃを使ってみたい!と思ってしまいました。

 

貴重な体験だったと思います。その後もメールを続けています。

 

 

 

私が登録している出会い系サイトはJメールPCMAXハッピーメールです。

 

サイト内で連絡ください。

 

サイト内では「玲子 45歳」として登録しているのでメッセージをもらえたら嬉しいです。